当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

第一印象は良くしなければならないのか

占星術的な『第一印象(ホロスコープのアセンダントで見る)』とは、生まれながらの外見的特徴や醸し出している雰囲気、初動パターンなどの先天的な資質をいいます。

目に見える外見は、ある程度、意識的に変化させやすいですが、咄嗟の行動や雰囲気は、簡単に変えられるものではないでしょう。

  • 積極的タイプ/内向的タイプ
  • 活発タイプ/継続タイプ/柔軟タイプ
  • 情熱的タイプ/現実的タイプ/理性的タイプ/共感的タイプ

占星術では、私たちそれぞれが、これらの複数の組み合わせから成る個性を持つことや、相互関係にも様々な影響があることを示しています。

自分と相手の違いを知り、『快・不快(好き・嫌い)』で判断することは、単にそれぞれの受け取り方(感覚・感性)の違いを示すため、本来はそれ自体に問題はありません。

問題があるとすれば、自分の『快・不快(好き・嫌い)』という価値基準を、他者に押し付けることでしょう。

ここで考えたいのが、今回のテーマでもある『第一印象は良くしなければならないのか』です。

第一印象を良くするための目的は、必ずと言っていいほど、相手に受け入れられるためです。

ですが、社会の価値観に合わせて第一印象の良さを演じようとしても、自分の本質とズレがあれば違和感が生じますし、相手によってどう受け取られ、解釈されるのかも違います。

初めて会うクラスメイト、恋愛の対象、学校や会社の面接官、婚約者の両親など、自分が与える印象を気にする相手は数多くいます。

すべての人に受け入れられるために、どれだけ自分を変えなければならないのでしょうか。

たとえば、第一印象を良くする方法としてあげられる『清潔感』ですが、その基準も時代の価値観が作り上げ、エスカレートしていきます。

  • 歯のホワイトニング
  • 歯列矯正
  • シミやシワなどのケア
  • ムダ毛の処理
  • 縮毛矯正
  • ヘアカラー(白髪)
  • 体臭のケア など

これらは、アレルギーなどの体質によっては、取り入れることができません。

ですが、清潔感のためには当たり前だとされれば、第一印象を良くすることは不可能でしょう。

そう考えると、個性を尊重する流れの中で、第一印象を良くしなければならないという価値観は、ひょっとしたらズレているのかもしれません。

第一印象を良くするための情報としてよく目にする『メラビアンの法則』は、

  • 非言語情報(文章や言葉など)
  • 聴覚情報(声の大きさやトーンなど)
  • 視覚情報(外見や表情など)

これらの要素から構成されていますが、すべての要素をパーフェクトにする必要が、本当にあるのでしょうか。

メール文章に『。』を使用するだけで、ハラスメントと受け取る人もいるのです。

万人に受け入れられるような第一印象なんて、作ることはできないでしょう。

それに、第一印象で受け入れられたとしても、後々の発言や態度に違和感を持たれれば、意味はありません。

それなら、『自分はこんな人間です』というポリシーを持って堂々としている方が、よほど自分らしくていいのではないでしょうか。

第一印象は、相手との関わりが長くなるほど重要ではなくなります。

『なんか、第一印象と違うね。』となるのが普通です。

人見知りだと思っていたら、実は面倒見が良かった(仲間には頼もしい)とか、堂々としていて怖そうだ思っていたら、茶目っ気があったとか、そんなものです。

それに、身につけているファッションと性格が違っていたり、意外な趣味を持っていたり、それがいい意味でのギャップになるかは、相手の受け取り方(価値観)次第。

関りがなければ、第一印象以外の側面を知る機会はありません。

そして、もし相手に受け入れられなくても、自分を否定する必要はありません。価値観の合う人と、新たに関係性を築けばいいのです。

そのためには、自己理解を深め、自分の強みや自然な魅せ方を研究しておく方がいいでしょう。

  • 自分の素質や性格
  • コミュニケーションの特徴
  • 思考パターンや持っているスキル
  • 興味関心
  • 行動パターン

これらが総合的に表れるのが、本来の第一印象であり、自分らしさです。

(私はその探求のために、占星術を使っています。)

それを変形させてまで、印象を良くする必要はあるのでしょうか。無理があるからこそ、お互いの関係性が続かないのかもしれません。

時代は変化し、組織やコミュニティの形も、どんどん変化していきます。

気に入られるために良い印象を作るのではなく、より心地良い関係性のために、決して無理のない、ありのままの自分を印象付けることを意識したいものです。

ビジネスのためであれ、恋愛のためであれ、自分の本質からズレることなくアピールできれば、これほど生きやすいことはありません。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました