当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

占星術で知る交友関係【11ハウス編】

占星術では、交友関係についても読み解くことができます。

今回は、バースチャートの11ハウスに着目してみましょう。

11ハウスが示すもの

10ハウスで社会的な地位や肩書を持った私たちは、次の11ハウスでは、地位や肩書を超えた関係性を持つようになります。

7ハウスも人間関係を示しますが、それは一対一の関係性(調和)がテーマとなっているため、集団性はありません。

対極にある5ハウスが示すのは、個人的創造活動(趣味や楽しみなど)でしたが、11ハウスでは、それを仲間と分かち合うようになるのです。

ナチュラルサインでは、水瓶座が11ハウスを管轄し、

  • 未来のビジョン
  • 多様性
  • コミュニティ
  • 自立
  • 個人主義

などを示しています。

  • 11ハウスの天体
  • 11ハウスの天体とアスペクトする天体
  • 天体が無い場合は11ハウスのハウスカスプのルーラーがどこにあるかを探す
  • 狭在星座や広域星座があるか など

占星術の理解度に応じて、深く探求してみるといいでしょう。

例:11ハウス射手座天体なしの私の場合

ハウスカスプが射手座で、11ハウスに天体のない私のチャートの場合、射手座のルーラーの木星が位置するハウスにヒントがあります。

木星は5ハウスにあることから、個人的な創造活動を通じて交友関係が広がると解釈できます。

趣味仲間が発展して恋人になったり、小規模なコミュニティを作ったりと、実体験と重なる部分も多くあります。

また、11ハウスのサインで読み解くならば、交友関係にも射手座的な向上心を持ち込むことがわかります。

11ハウスを探求してみよう

以上のように、バースチャートの11ハウスを読み解くことで、自分が属するコミュニティや交友関係について知ることができます。

ぜひ、どんな仲間と何を分かち合うかを探求し、現実創造に役立ててみましょう。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

Mio.m / Atelier Sirenaの子ブログ|note
自分を理解するための言語化に占星術の学びを取り入れ、『自己探求による自分らしい人生創造を楽しむ』をテーマにブログを発信中。 noteでは、図解をメインに『自分らしさ』を探求するコツについてアウトプットしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました