当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

人生のテーマを理解する

自分が今いる場所、やっていることに、違和感を抱くことはありますか?

自分らしく生きている実感が、あまりないと感じていますか?

これまでにどのような過去を歩んできたとしても、私たちは未来を選択することができます。

そして、望む生き方をするには、自己理解を深めながら内面を整え、能力を磨くことが必要です。

自分を咲かせるために

想像してみて下さい。

もし私たち一人ひとりを花に例えるならば、どのような土壌に根を下ろし、どのような栄養を取り込み、どのような環境で、どのような花を咲かせるのでしょうか。

ここで言う土壌とは『人生のテーマ』、栄養とは『知識や感性』、環境とは『価値観』、花とは『自分の個性』です。

風に飛ばされた先で、順応して生きるのもいいでしょう。

ですが、もしそこで生きる喜びを感じられないならば、希望する場所へ自分で赴き、栄養と環境を選択して、どのタイミングで咲いてもいいのです。

人生のテーマを理解する

自分の人生に一貫したテーマがあるとしたら、何だと思いますか?

なぜだかわからないけど、これだけは譲れないと強く感じるものはないでしょうか。

  • チャレンジ(切り開く・自分を押し出す)
  • 安心(満たす・継続する・所有する)
  • 情報収集(理解し伝える・好奇心)
  • 共鳴(守る・育てる・仲間意識)
  • 自己表現(魅せる・創造する)
  • 分析(観察する・貢献する・緻密・整える)
  • 判断(バランスをとる・洗練する・調和)
  • 洞察(のめり込む・変容する・徹底的・秘密)
  • 向上(視野を広げる・理想を追い求める・精神的成長)
  • 達成(成熟する・指導する・成果を上げる)
  • 尊重(枠を越える・先を見通す・自由)
  • 融合(信じる・愛する・癒す・まるごと受け入れる)

決して思考で判断しないで、自分の根っこの部分にある感覚を大切にしてください。

人生のテーマに気付くために、これまで経験してきたことを紙に書き出してみるといいでしょう。

それらの共通点は、どんなことでしょうか。

私の場合は『安心(満たす)』が人生のテーマです。

そして、これまでに私が積み上げてきたものは、手段はどうであれ、人生のテーマに必要なものばかりだと気付きました。

ぜひ、自分と向き合う時間を確保してください。

ほんのわずかな時間でも、自己理解を積み重ねることによって、自分らしい人生に軌道修正できるでしょう。

誰かのテーマに沿って生きるのは、もうやめていいのです。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました