当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

心の傷を癒やした経験がもたらす他者への貢献

生きていれば、心が深く傷付いてしまうことがあると思います。

私の場合、幼い頃から続いたいじめの経験が、その後の人間関係を難しくしていました。

基本的に人に対する興味はあり、コミュニケーションは苦ではありません。ただ、集団の中に入ると、なぜか孤立しやすいのです。

学生時代は自分を孤立から守るため、いつのまにか人と同じことをするよう意識していました。

ですが、私の魂がそれを許しませんでした。

本来の自分らしさを発揮できない不安定な心は、私の思考やコミュニケーションに、大きく影響するようになったのです。

社会に出てからは、相手に自分の正しさを押し付けたり、感情的に鋭い言葉を発するようになりました。

それが、魂からの必死な抵抗だったのかもしれません。

誰よりも『仲間』という存在に憧れ、今よりも素晴らしい世界を夢見ては、それが叶わない現実に叩きのめされる。

闇の中で見ていた光が、手にしたと確信したとたんに幻だったと思い知らされる…。

それを、何度繰り返してきたでしょうか。

不安定な心から創造する世界は、不安定でしかありませんでした。

ただ、自分を受け入れてほしい。それだけなのに。

幼い頃に受けた心の傷は、『今の自分では駄目なんだ』『どうせ人は私を裏切るんだ』というレッテルを自分自身に貼り、見事にその通りの現実を創り上げていきました。

そう。きっかけがどうであれ、これは私自身が引き寄せた結果です。

私が自分の個性を受け入れず、抑えてきたからこそ、相手を受け入れることも、相手から受け入れられることも叶わなかったのでしょう。

私が本当に求めていた『仲間』は、内なる自分(本音を語る自分)だったのです。一生懸命外の世界に求めていたものは、自分の中にありました。

自分の個性(積極性)を受け入れられず、受動的になりすぎていたのです。

私は外の世界に『仲間』を求め、相手に対して『私の人生創造を、あなたにお願いしたい。』と執着していただけでした。

時間はかかりましたが、私はその在り方を手放し、自由になりました。

おかげで、ひとりで過ごす時間も喜びに変わり、自分にとって何が大切なのかを思い出すこともできました。

実は、私がそのために取り入れたのは、占星術の世界観です。

そこから派生して、スピリチュアルな価値観を参考にしながら、自分自身と向き合ってきました。

紙に書き出しては思考を整理し、内なる感覚を整え、自分の世界に集中する。これらを、長い時間をかけて行いました。

私にとっての学びは、自己理解のための探求の大切さです。

自分らしい人生を創造するには、まずは自分を知り、受け入れることが必要です。そして、光の当たるものだけを、自分自身だと思わないことです。

闇からは光を見出すことができます。時にそれは、私たちに幻を見せることもあるため、完全なる正解はないことを理解しなければならないでしょう。

だからこそ『探求』なのです。

自分の個性を受け入れ表現することは、相手の個性を受け入れ、円満な人間関係を築くことにつながります。

私は人間関係に関する心の傷を抱えることで、自分なりの答えを得ることができました。

たとえそれが、内省の後に手にした一時的な光なのだとしても、私が前に進むためには必要でした。

私は、自分の体験や学びが誰かのために貢献できればと考え、ブログで発信しています。それ自体も、私の自己表現です。

いつ、どのタイミングで、どんな情報を得るのかはわかりませんが、人生に対してのポジティブな面に意識を合わせられれば、現状を変えることができるでしょう。

そして、あなたがあなたらしく在ること、あなたが傷を乗り越えてきた経験は、誰かへの貢献につながるはずです。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました