当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

【noteの深掘り④】自分の世界観を広げ、次につなげる

ありのままの自分で、どのように人生を創造するのかといえば、それはごくシンプルに、生まれ持った資質と能力を磨き、社会で発揮することでしょう。

noteのマガジン『Step2』では、実行力・精神力・表現力・共感力についてまとめましたが、今回はそれを踏まえて深掘ってみたいと思います。

Step2▶『当たり前』を磨いて自分の世界を広げる|Mio.m / 自分らしい人生創造を楽しむための自己探求|note
人として成長する自分を肯定しよう。社会性を高めるために必要なポイントについてまとめています。 ①〜⑨は、マガジン『Step1▶生まれ持った"当たり前"に意識を向ける』へ。

4つの能力を高める

  • 身体と知性を磨く…実現力を高める
  • 身体と感性を磨く…表現力を高める
  • 心と知性を磨く…精神力を高める
  • 心と感性を磨く…共感力を高める

ざっくりとまとめましたが、これらは『知性・感性・心・体・情熱(行動)』の相乗効果によるものであり、内なる成長を示しています。

これらは、主観的に物事を捉えながら自分軸を持ち、自分の世界感を肯定するために必要です。

その能力を信頼し、他者との関わりの中で発揮することで社会貢献になります。

ここでひとつ気を付けたいのは、この段階で他者の価値観を持ち込まないことです。

自分の能力を肯定する前に、疑いや迷いが生じたり、自己否定的になりかねないからです(もしくは利己的な欲求で他者の価値観を取り入れて振り回される場合も…)。

それは、『1ハウスで自分を知って、7ハウスで相手と向き合う』という占星術的な世界観でもあり、自分の土台を安定させる意味でもあります。

自己信頼に必要なもの

自己信頼に必要なのは、チャレンジ精神と、インスピレーション(直感や勘)を受け取りながら積み重ねる成功体験です。

人は、好きなことや得意なことを楽しんでいる時こそ、インスピレーションを得やすいものです。

しかしそのためには、チャレンジ精神で取り組むことが重要です。

いくら好きなことでも、初めから上手にこなすことはまれでしょう。失敗を恐れず何度も試みることで、その物事への直感や勘が磨かれ、働きやすくなります。

生まれ持った能力の意味を知る

生まれ持った資質や能力は、自分らしい人生創造を攻略するために与えられたものです。

しかし、その能力が自分に与えられた意味を、探す必要はありません。

人は、自分が信じるものしか見ようとしません。ならば、自分が信じられる意味づけをしながら現実と向き合い、自分の世界観を広げるのです。

生まれ持った能力の意味は、自分の解釈次第で変わるでしょう。自分の世界にとっての創造主なのですから、当然のことです。

自分の世界観を広げ、次につなげる

精神力・共感力・実現力・表現力は、自分のルーツや資質、能力の結晶です。

これらを肯定することによって、私たちの内なる安定が保たれます。

そして、自立するためには、自分の能力を磨くことが重要です。

人から求められる(評価される)ことに自分の価値を見出す生き方では、内なる安定は望めないでしょう。

だからこそ先に自分の世界観を広げ、肯定しておくのです。

しかし、自分にとっては重要なものでも、他者がそれを必要とするかは別の話です。

ここから先、私たちは、自分の世界観と社会との調和を目的とした役割を果たしながら、客観的視点を養うようになります。

このStep3については、また後日noteで投稿を開始します。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました