当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

占星術で知る自分の第一印象【アセンダント/1ハウス編】

占星術では、自分のバースチャートから『第一印象』について知ることができます。注目するポイントは、

『自分が生まれた瞬間の、東の地平線の星座と度数』/アセンダント(ASC)です。

アセンダントが示すもの

  • 生まれながらの容姿・体質
  • 醸し出している雰囲気
  • 初動パターン など

これらはアセンダントが示す第一印象と言われるものであり、先天的な資質です。

アセンダントに近い天体(上昇星)アセンダントの星座のチャートルーラーは、自身のホロスコープに強い影響を与えています。

一般的には、自分が生まれた瞬間の太陽が位置する星座(太陽星座)で自分の星座を認識しているため、アセンダントの感覚を自覚している場合は、違和感を感じてしまうこともあるでしょう。

1ハウスも合わせて探求する

1ハウスの天体についても探求しましょう。

たとえば、火星があれば『情熱的』だったり『怒りっぽい』、金星があれば『可愛らしさ』や『センスの良さ』として表れるでしょう。

例: 私のアセンダント

  • アセンダント:水瓶座
  • アセンダントに近い天体:なし
  • チャートルーラー:天王星(土星)
  • チャートルーラーが位置するハウス:9ハウス(7ハウス)
  • 1ハウスには天体なし

私のアセンダントでざっくりと説明すれば ”水瓶座の特徴を標準装備して地球に降り立った” と言えます。アセンダントに近い天体があれば、その天体の特徴が、オプションでついてくる感じです。

ちなみに、水瓶座は以下の性質があります。

  • 中性的
  • 個性的
  • 自由
  • フレンドリー
  • 常識にとらわれない(変わっている) など

チャートルーラー天王星は、蠍座9ハウス。土星(伝統的な占星術では)は獅子座7ハウスに位置しています。

つまり、天王星の『独創性、変化、改革、自由』などの性質を強く持ち、9ハウスの『哲学、専門知識、海外、出版、広報』と、蠍座的な『深層心理、神秘性、秘密、研究』などの要素が絡んできます。

このブログのテーマも『自己探求による自分らしい人生創造』ですし、こうして占星術を用いていることからも腑に落ちます。

獅子座土星(7ハウス)からは、人間関係への苦手意識、パートナーとは時間をかけて慎重に関わること(5年交際して年の差結婚)が思い当たります。

しかも、天王星はノーアスペクト

標準装備している変革の意識が強調されるので、たぶん天王星オーラが強すぎて、

『なにこの人!?ついて行けない!!』

という感じだったのでしょう(笑)。孤立を感じていた理由がここにあったとは(それ以外にも原因はありますが)”灯台下暗し” です。

変化や改革を求める環境、ひとりでできる活動なら、私のようなタイプは生きやすいのだと思います。

私は太陽星座が牡牛座ですが、感覚的に水瓶座色が強いことは、なんとなく自覚していました。

それでも一般的な星座占いにあてはめて、牡牛座のようにふるまわなければ、人生は上手くいかないのかなと思っていました(笑)。

『ワタシって、こういう側面もあるよね。』

と冷静に受け入れることができれば、案外過去のネガティブな出来事の意味が理解できたり、周囲に振り回されることも無くなる気がします。

もし自己理解を深めたいならば、自分の感覚との紐付け作業は、根気よく行う必要があるかもしれません。

自分のアセンダントを探求しよう

アセンダントについて読み解いていくと、自分が初めて訪れる場所や初めて会う人、物事に対しての初動パターン(アセンダントの星座っぽく振舞っていること)を知ることができます。

それが、自分が社会にどうアプローチしていくかのヒントにもなりますから、サビアンシンボルと合わせて調べてみても面白いでしょう。

どんな第一印象を与えているのか、ぜひ探求してみてくださいね。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました