当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

成長によって生み出される力

心(安心や欲求)・身体(資質)・知性(思考)・感性(感覚)から生み出される積極的な行動は、私たちの内面を成長させます。

そして、その成長によって生み出した精神力・共感力・実現力・自己表現力が融合することで、他者との関わりに影響を与えるようになります。

精神力

チャレンジ精神、美意識、好奇心、仲間意識、目的意識、貢献心、正義感、探究心、向上心、責任感、自立心、優しさ など

精神力は、知性と心の成長によって生まれます。

偏った思考と不安定な心が生み出すのは、視野の狭さや傲慢さなどです。

ですから、心の状態を安定に保つよう心掛けることが必要です。

心の安定(欲求)につながる学びや身につける技術が、精神力の方向性に影響を与えます。

たとえば『とにかく何でもやってみたい!』という欲求は、知性を直感的に働かせ、数多くの体験を可能にするでしょう。

考えるよりも先に行動することで、失敗を経験することがあるかもしれません。

ですが、自分の中にその欲求があるならば、満たすことが幸せなはずです。

そして、失敗をもろともしない心は、力強いチャレンジ精神へと成長します。

共感力

怒り、苦しみ、悲しみ、喜び、など

共感力は、心と感性の成長によって生まれます。

相手に共感する力は、自分以外の誰か(何か)とつながるために必要ですが、良くも悪くも影響しやすいものです。

たとえば相手の怒りに共感するとき、自分の過去の似た経験と紐付けて、再び怒りが込み上げることはありませんか?

共感力の高さは、こうした厄介な面もあります。

できるだけネガティブな感情に引っ張られないように、意識することが大切です。

実現力

基礎力、継続力、保守力、計画力、管理力、統率力、指導力、達成力、実践力、組織力 など

実現力は、知性と生まれ持った資質を磨く中で生まれます。

見える形で結果を出す(現実化する)には、自分の身体と知性を使い、行動することが必要です。

もし、資質に対するコンプレックス(あるいは自信過剰)や、心の不安定さ(嫉妬など)をもとに知性を使えば、プレッシャーを感じたり、支配的な現実を創り上げてしまうでしょう。

できるだけ心地よい感覚を意識し、自己の課題(目的)に必要な経験を重ねることが大切です。

自己表現力

自己表現力は、感性と生まれ持った資質を磨く中で生まれます。

自分の好きなこと、楽しいことなどを自由に表現するには、自己肯定が最も大切です。

SNSが発達している現代は、他者の表現力に圧倒されやすい環境ですが、自己否定する必要はありません。

自分らしい表現を追求することで、自分の価値観の軸を持つことができるでしょう。

これまでの自分を振り返る

精神力・共感力・実現力・自己表現力について、これまでの自分を振り返ってみましょう。

是非ノートや紙に書き出し、可視化してみてください。

プロンプト

  • どんな精神力を磨いてきたのか
  • 何を達成(努力)してきたのか
  • どんなことに共感するのか
  • どのように自己表現しているのか

これらの中に、楽しい・心地よいと感じられる要素があったかどうかも重要です。

それを踏まえて、あなたは今、やりたいことができていますか?

一度立ち止まって、自分と向き合ってみて下さい。この時間は決して無駄ではありません。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました