当サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

自分らしく生きるために、生まれ持った資質を磨こう

誰にでも、生まれ持った資質があります。

ですが、それを言語化したことがなければ、突然『生まれ持った資質は何ですか?』と問われても、考え込んでしまうことでしょう。

私たちは案外、自分自身について知らないのです。

資質という才能の原石

自分らしく生きるためには、生まれ持った資質という原石を、才能に変えるために磨くこと(学ぶこと)が必要です。

才能は自分を心豊かにし、外へ向けて自分自身を表現する力や、人生を創造するための手段となります。

ですが、多くの人が磨くべき原石が足元に転っていることに気付かず、他人から受け入れられ、評価されることが才能だと考えてしまいます。

だからこそ『自分には才能がない』と悲観してしまうのです。

義務的に応じるための力でしかないならば、そこに創造性は生まれません。

私たちは、積極的な動機をもって発揮できる才能について理解し、磨いていく必要があるのではないでしょうか。

才能と役割

自分の苦手なことを、得意な人に頼ることも大切です。

人それぞれに才能と役割がありますが、それらは、自分の価値を必死に証明するための手段ではありません。

才能は、まずは自分が楽しむための手段で、役割は、あとからついてくるものだとしたら、あなたは何をするでしょうか。

どんなに努力しても難しいこと、楽しいと感じられないことに、あなたの貴重な時間を費やしてはいませんか?

同じ努力をするならば、生まれ持った資質をどう磨いていくかを意識し、欠点のポジティブな側面にもスポットを当ててみるのがいいかもしれません。

自己探求ジャーナル

自己理解を深めるための、探求をはじめてみませんか?

お気に入りのノートに自分の生まれ持った資質について、ありのまま書き出してみて下さい。

決して、人と比較しないことがポイントです。

ジャーナルのプロンプト

  • 身体能力
  • 身体的特徴
  • 思考の使い方
  • 感性(五感)
  • 行動力
  • 当たり前のように簡単にできてしまうこと

これらを参考に、自分自身についての理解を深め、才能として磨いていきましょう。

何をどう掛け合わせるのかは、あなたの自由です。

自分らしく生きるための才能に、気付けますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました